おトクなインターネット回線を選ぶなら >>

【ヘッドホン/イヤホンと比較】プラントロニクス Voyager 5200 UCはWEB会議に最適なワイヤレスヘッドセットの決定版

・WEB会議にヘッドホンを使っているけど、自分の声がこもったように聞こえてしまい話しづらい…
・ヘッドホンで両耳をふさいでしまうと周囲の声が聞こえなくなってしまう…

こんな悩みを持つ方に今回紹介するプラントロニクス Voyager 5200 UCはピッタリです。

片耳で使用でき、ワイヤレスでノイズが入りにくい。特にノイズの入らないクリアな音声品質を求めている方にお勧めです。

WEB会議で求められる機能を全て満たしたモデルがこのVoyager 5200 UC

海外メーカーの製品でもあり製品情報も入手しにくいと思いますので、本体画像多めで特徴を下記していきます。

目次

プラントロニクス Voyager 5200 UCはWEB会議に最適なヘッドセット

WEB会議に特化したヘッドセットを選ぶならこのVoyager 5200 UC

ヘッドセットでトップメーカーと言われるプラントロンクス社のフラッグシップモデルです。

ノイズキャンセリング機能がバツグンとのコメントが多かったのですが、実際に使用してみて実感しました。

本当に自分の声以外の周囲の音を拾いません

また、Voyager 5200のラインナップの中でも今回紹介するUSB付の「Voyager 5200 UC」であれば、音切れもありません。

手元でミュートも使用可能。地味に便利です。

Voyager 5200のラインナップまとめ

製品ラインナップ特徴
Voyager 5200 ・ヘッドセットのみ
Voyager 5240 ・ヘッドセット
・充電ケースが付属
Voyager 5200 UC ・ヘッドセット
・充電ケース
・ワイヤレス USB アダプター(BT600)が付属

Voyager 5200 UCはメーカーホームページ上、Voyager 5200と別ページに掲載されています。

※下記がメーカーホームページとなります。

■製品紹介ページへのリンク
Voyager 5200
Voyager 5200 UC
 ※取扱説明書(ユーザーガイド)もそれぞれのページ下部に掲載

Voyager 5200の外観、機能紹介

本体の外観は下記。スタイリッシュ。

左耳、右耳のどちらにも使用できます。

表と裏で本体の印字がそれぞれ違います。

マイク部を伸ばしたのが下記。

本体の背面部に電源スイッチがあります。

本体丈夫には音量の+-ボタン。

本体底部には充電用マイクロ USBポートがあります。

90分充電でフル充電。7時間使用可能。

USB-Cではなく、残念ながらマイクロ USBポート…

Voyager 5200 UCには充電ケースも付属

Voyager 5200 UCは充電ケースも付属。

充電ケースとしての使用はもちろんですが、持ち運び用のケースとしても活用できます。

マイクロ USBポートで充電できます。

90分間の充電でフル充電。フル充電状態でVoyager 5200を2回充電(連続通話時間を14時間追加)できます。

充電ケースのボタンを押すとケースの充電状況が青いランプで表示されます。

Voyager 5200を充電ケースに立てて充電することも可能。

この状態で充電していれば、急に電話等がかかってきた際も使いやすい。

なぜヘッドホンより Voyager 5200がオススメか

私がなぜWEB会議用の片耳ヘッドセットを探していたかというと、WEB会議に参加しながらも周囲の音も聞いておきたかったため。

会議の中には発言する機会が無く、説明会のような会議もありますよね。

そんな時に片耳だけで会議に参加できるこのヘッドセットは最適でした。

Voyager 5200 UCの特徴一覧

Voyager 5200 UCの特徴は色々ありますが、主なものは下記。

(1)ノイズキャンセリング機能が最高
(2)Voyager 5200 UCであれば通信に途切れ無し
(3)音声アナウンスで状況が把握しやすい
(4)ミュートボタンが便利

(1)ノイズキャンセリング機能が最高

 Voyager 5200は見事にしゃべっている声だけを通話相手に届けてくれます。

 メーカー(poly)サイトを確認すると、4つのマイクにノイズキャンセリング機能を搭載、とのこと。

 身近な例で言うと、

通常音量のテレビの前に立ってもらい、Voyager 5200を使って携帯電話でしゃべってもらってもそこにテレビがあるということすら気づかないレベル。

相手にまったく雑音を伝えません。

 重要な商談や面接をWEBで行う機会も増えてきたこの頃。

 この強力なノイズキャンセリング機能は通話音が聞こえず相手に不快な思いをさせません。

(2)ワイヤレス USB アダプター付のVoyager 5200 UCであれば通信に途切れ無し

Voyager 5200 UCにはワイヤレスUSBアダプター(BT600)が付属。このBT600を使用することで、通信が途切れにくくなります。

Bluetooth接続しているヘッドホンやヘッドセットはどうしても通信が弱くなってしまうタイミングがあるもの。

WEB会議中でもたまに「聞こえてますか?」といったやりとりがなされますが、緊迫した会議中では避けたいものです。

有線でパソコンとつなげば安心ですが、ワイヤレスの便利さを一度知ってしまうとなかなか有線には戻れません。

(3)音声アナウンスで状況が把握しやすい

本体電源ON時に、

・連続通話時間〇時間です

・PC(携帯電話)が接続されました

というアナウンスが流れます。

残りの通話可能時間や何の機器と接続されたかどうかがアナウンスで分かるため便利。

(4)ミュートボタンが便利

本体のボタン操作でミュート操作ができることも便利。

この機能こそ、イヤホンではなくヘッドセット、という機能。

一つ難点なのは、ワイヤレスUSBアダプター(BT600)とセットで使用した際にしかミュートボタンを使えないこと

あらためてVoyager 5200 UCが良いなと思う点です。

下記の赤いボタンがミュートON/OFFボタン。

Voyager 5200がパソコンに接続されており通話できる状態の場合は青色。

ミュート状態の場合はBT600が赤色になります。

Voyager 5200の難点

(1)価格が高い

ただ価格も高い…

Voyager 5200で10,000円を少し超えるくらい、

Voyager 5200 UCで15,000円~、といった価格帯。

安価なヘッドセットでは2000円くらいからあるためかなり高額なヘッドセットになりますが、性能は保障できます。

(2)音楽を聴く場合には使いづらい(音にこだわる人はNG)

Voyager 5200は通話に特化したヘッドセットのため、音楽をしっかり聴きたい人には向きません

使えたとしてもながら聞きに使えるかな、といったレベル。音質に期待してはいけません。

音楽を聞くのと兼用したいのであればイヤホンタイプを買うべき。

質の良いものを長く使いたい人におすすめのヘッドセット

WEB会議の機会が増えてきた中、「おすすめのヘッドセットは何?」と聞かれたら、これからは「Voyager 5200 UC」を間違いなくオススメします。

少々値は張りますが、「高性能を日常使用する」という気持ちよさはこのモデルでないと味わえないと思います。

一度この便利さを味わってしまうと、他のヘッドセットには戻れなくなってしまいます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名古屋在住の30代サラリーマン。日々の暮らしにプラスとなる情報を発信しています。ビジネスで活用できるグッズや休日の趣味関連情報など。特にアウトドア関連アイテムに興味があり、週末は主にアウトドアショップ巡りをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる