【Web会議に】ワイヤレスイヤホンAnker Soundcore Life P3はSoundcore Life P2から大幅進化

今回は ノイキャン付きワイヤレスイヤホンのAnker Soundcore Life P3を 前モデルのSoundcore Life P2と比較しながら紹介します。

コスパ抜群で人気だったAnker Soundcore Life P2

WEB会議やランニングにも使いやすいワイヤレスイヤホンマイクでしたが、今回の Soundcore Life P3 は更に使いやすいモデルとなっています。

前作のLife P2は周囲が騒がしいオフィスでは雑音が入ってきてしまい使いづらい面もありました。

一方、今回の Life P3は アクティブノイズキャンセリング機能のおかげで快適にWEB会議が可能

今回、実際購入して使用してみたので、特徴含め紹介していきます。

目次

Soundcore Life P3はノイズキャンセリング機能付き

Soundcore Life P3の一番の特徴はアクティブノイズキャンセリング機能付きであること。

アクティブノイズキャンセリング機能とは、

AirPods Proなどを代表とする高機能・高価格イヤホンに搭載されている、周囲の音をかき消す機能のことです

アクティブノイズキャンセリング機能を持つイヤホンは数万円する製品も多い中、この Soundcore Life P3 は、

価格:¥9,980 

と一万円を切る価格で発売されています!お買い得。

その他の特徴としては、

Soundcore Life P3の特徴一覧
  • 最大で単体7時間連続再生(+充電ケースで最大35時間)
  • 10分チャージ・2時間再生を実現した急速充電機能
  • 防水(IPX5等級)
  • ワイヤレス充電に対応(USB-Cポート充電にも対応)
  • 左右のイヤホンをタップしコントロール可能

アクティブノイズキャンセリング機能の他にも機能盛りだくさんで一万円以下。

Soundcore Life P2に引き続き、コスパ抜群の製品です。

前モデルのSoundcore Life P2と比べると大幅に進化

Soundcore Life P3は Soundcore Life P2と比べて、多くの点で進化しています。

アクティブノイズキャンセリング機能はもちろん、その他大きく進化したポイント3点を下記します。

Soundcore Life P2と比べ進化したポイント
  • アクティブノイズキャンセリング機能付き
  • ワイヤレス充電に対応(USB-Cポート充電にも対応)
  • 左右のイヤホンをタップしコントロール可能

アクティブノイズキャンセリング機能が追加され更に使いやすく

アクティブノイズキャンセリング機能が追加されたことだけでも、 Soundcore Life P3 を買う価値あります。

この機能はWEB会議や勉強中に効果を発揮します。

会議中や勉強中に周囲の雑音、気になりますよね。

そんな時、アクティブノイズキャンセリング機能をONにするだけでかなり雑音を聞こえにくくしてくれます。

イメージは下記。

・エアコンや電車、車の音 → ほとんど聞こえなくなる

・人の話し声やテレビの音 → 少し聞こえにくくなる程度

特にエアコンや道路を走る車の騒音に効果を発揮します。

耳の感覚は人によって違うと思いますが私の場合は、

周囲の騒音が半分以下になり、WEB会議や勉強に集中できるようになりました。

WEB会議では人の話の細かなところまで聞き取れるようになり、助かっています。

ワイヤレス充電に対応し充電がお手軽に

ワイヤレス充電、とっても便利です。

Soundcore Life P3はケースでの充電を含めると最大35時間再生が可能。

USB-Cポート充電も可能だし、ワイヤレス充電無くてもいいや、とSoundcore Life P2を使っている時は思っていました。

ただ、意外とケーブルを接続して充電するのは手間。

気がつくとケースにしまっているはずなのにイヤホンのバッテリーが無くなっていることもしばしば。

そんな中、ワイヤレス充電機能により音楽を聴き終わると自然に本体ケースをワイヤレス充電器の上に置くように。

充電切れになったことは一度もありません。

ワイヤレス充電、思っているより便利ですよ!

左右のイヤホンをタップしコントロール可能

Soundcore Life P3物理ボタンでなく、タップで音量などをコントロールできます。

タップの種類や回数によってさまざまな操作をスマートフォン無しで行うことができ便利です。

設定はスマートフォンのアプリで変更でき、例えば私の場合は下記のような設定をしています。

■シングルタップ(押し方:トン)
 右…音量大

 左…音量小

■ダブルタップ(押し方:トントン)
 右…次の曲
 左…戻る

■2秒間長押し
 右…再生/一時停止
 左…ノイズキャンセリング有り/無し

Soundcore Life P2では、初めからそれぞれのアクションに設定が割り振られていました。

そのため、ユーザー側で自由に設定できませんでしたが、自分の使いやすいように自由に設定できるのは便利ですね。

また、個人的には物理ボタンでなくなったこともメリット。

私は就寝前に寝ながらイヤホンでラジオを聞いたりします。その際、物理ボタンだと勝手に操作されてしまい困ることがあるのですが、 Soundcore Life P3ではそのようなことが起こりません。

Soundcore Life P3の気になる点

外音取り込み機能が使いづらい(聞こえづらい)

Soundcore Life P3には外音取り込み機能が付いています

イヤホンを付けたままでも周囲の音を聞くことができる機能であり歩道を歩く際や自転車に乗る際に役立ちますが、少しこもったような不自然な音になり少し使いづらいです。

個人的にはあまり使用しない機能ですが、周囲の音を聞きながら何かする方にとっては気になるかもしれません。

通話品質、音の解像度は平凡(価格相当)

音質にこだわる人にとっては満足しきれないかもしれません。

ただ、価格なりの音の解像度とはいえ低音が強めで中高音もはっきり聴こえ、高価格帯の製品には遅れをとるものの同価格帯ではトップクラスの音質

低音が効いているにもかかわらず、中高音域も不自然ではなくクリアに聞こえ、音のつぶれも無く聞きやすい音です。

音質にこだわらない方にとっては十分に満足できるはず。

>>音質より価格重視なら Soundcore Life P2 がオススメ!

アクティブノイズキャンセリング機能を体験してみたい方におすすめ

Ankerのアクティブノイスキャンセリングモデルではエントリーの位置づけながら、機能性・音質ともに妥協なく作られ、同価格帯のレベルを一段引き上げるイヤホン。

しかも、8千円台にして正真正銘の全部入りであり、本機ならではのアプリ機能もふんだんに盛り込まれています。

アクティブノイスキャンセリング付のイヤホンを体験してみたい!という方にはオススメのモデルです。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名古屋在住の30代サラリーマン。日々の暮らしに少しプラスとなる情報を発信しています。ビジネスで活用できるグッズや休日の趣味関連情報など。特にアウトドア関連アイテムに興味があり、週末は主にアウトドアショップ巡りをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる