お得なWiFiルーター関連情報はコチラ!

コスパ抜群!モンベルインナーダウンのレビュー(ダントンとの比較も)

肌寒い季節、皆さんはどんな服装で寒さを凌いでますでしょうか。

分厚いコートを着ると重くて肩がこる、ダウンではビジネスに使いづらい…。

今回は軽くて暖かく、使いやすいモンベルのインナーダウン「スペリオダウン」を他社のインナーダウンと比較しながらご紹介します。

目次

ダウンに求める機能

まず、ダウンに求める機能は下記2点でしょう。

・軽さ

・暖かさ

ダウンはこの2点に優れた服です。

軽ければ着ていても疲れませんし、どこにでも着て(持っていけ)ます。

着ていて重たい服って、デザインが良くてもいつの間にか着なくなりませんか?
また、暖かさも大事です。そもそも暖かくなければ着ないでしょうね…。

この軽さ、暖かさがすばらしかったのがモンベルのインナーダウンです!

特徴1 軽い

仕様を確認すると、重量156

長袖のワイシャツ1枚(約200g)より軽く、着ていてもほとんど重さは感じませんし、脱いで腕にかけたとしても全く苦になりません。

くるくる丸めると・・・
ティッシュ箱くらいの大きさになります

この「軽さ」と「すぐに収納できる」という点が非常に使いやすく、秋口から春先までビジネスにプライベートにと使いたおしています。

例えば、仕事で通勤する際に少し肌寒いな~、と感じる時はありませんか?


そんな時にあと1枚!このインナーダウンの出番です。

また、ダウンを着ている時に一番困るのが、朝寒くて日中暑くなってしまった時です。

そんな時もさっと脱いで小さく折りたたんで、カバンにしまうことが出来ます。

特徴2 暖かい

薄くて軽いですが、暖かいです!
(モンベル公式サイトによると、800フィルパワー!とのこと)
※フィルパワーが高いほどダウンの中の羽毛が詰まっており暖かいです。

普段着ではコートの下に1枚このインナーダウンを着るだけで、セーターいらず。

スーツではジャケットの下に着込むだけで、ポカポカです。

さすがに冬にアウターとして使うのは寒いですが、重ね着用として活躍します。

特徴3 コスパが良い

価格は「¥10,800+税」です。

¥10,000を超える価格なので少し高いなと思われるかもしれませんが、春や秋はアウター、冬はインナーとして使えます!

1年の内、半年くらいの期間着ることができ長い期間お世話になる1品となります。

ダントンのインナーダウンとの比較

モンベルのインナーダウンは一度7~8年前くらいに購入したのですが無くしてしまい、もう一度買おうかなと考えていた時に一緒に検討していたのが、ダントンのインナーダウンでした。

なぜダントンを知ったかというと、身近なところ(嫁所有)にサンプルがあったからです。

裾にドローコードがついています
ダウン表面はつや消し
内側はさらさらな手触りです

モンベルとダントンのインナーダウンを比べたところ、

・暖かさ…ダントン(モンベルより毛が詰まっている感じ)

・軽さ…モンベル(ほとんど変わりませんが・・・)

・高級感…ダントン(見た目はつや消しのよう)

・価格…モンベル(ダントン:税込¥17,360 モンベル:税込:¥11,880)

個人的にはこのような評価でした。

最後までどちらにしようか悩んでいましたが、最終的に価格の安さでモンベルのインナーダウンを購入しました(実際に購入したのはBEAMSコラボモデルですが・・・)。

買ってみて、やっぱり最高!です。

インナーダウンを検討される際はモンベルのインナーダウンを是非検討の一つに入れてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名古屋在住の30代サラリーマン。日々の暮らしに少しプラスとなる情報を発信しています。ビジネスで活用できるグッズや休日の趣味関連情報など。特にアウトドア関連アイテムに興味があり、週末は主にアウトドアショップ巡りをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる