ヒトデさんの「凡人くんの人生革命」を読んで情報発信の重要性を実感

・明日から会社へ行きたくない…

・副業を始めてみたいけど何からやっていいか分からない…

・普段の生活を少しだけでも豊かなものにしたい…

そんな人はこの「凡人くんの人生革命」を手に取ることで、普段の生活を良くするためのヒントが得られるかもしれません。

私が本書を読み終わって感じた、率直な意見として、

何か新しいことを始めたいけど、何から始めていいか漠然としている人にオススメの本

であり、

暮らしを豊かにするための「何か」を具体的に知りたい!

と考えている人にはオススメしない本です。

では、内容について触れていきます。

目次

ヒトデブログ(hitodeblog)はブログの教科書

私がブログを始めるにあたり、非常に大きな影響を受けた人。

それがヒトデさんです。

ヒトデさんは

・YouTubeチャンネル登録数 8万人

・Twitterのフォロワー数 10万人

を誇るブログ界の超人。

実際、私がブログを開設する際も「hitodeblog」にお世話になりました。

ブログの始め方の記事に従って設定していくと、ブログのことを何も知らない初心者でも1時間ほどでブログ開設が可能

イチから手取り足取り解説してくれており、ブログ記事の内容の通りに進めるだけで自分のブログが完成します。

そんなスゴイ人が書いた本が、「凡人くんの人生革命」です。

時間を生み出すには何かをやめる

今やっていることを何か一つやめてみる

この考え方がすごく大事。とても同意します。

自分自身の毎日を振り返ってみると、自分の自由な時間なんて無い!

という人が多いんじゃないでしょうか。

特に会社員の方などは、平日は毎日朝早く起きて出勤。

夜遅くに帰宅し、LINEを返信したりTwitterをのぞいてみたり。

そうするともう寝る時間が迫ってきていませんか?

何かをやめるには「意思」ではなく「行動」

何かをやめるには、やめることをサポートする行動が大切

例えば、

「時間をムダにしているマンガアプリを明日から見るのをやめよう!」

と思っても、なかなかやめられた経験は無いのではないでしょうか。

やめるためには意思の力でなく、行動が重要。

悪習慣を断ち切るための1ステップを設けることが大切

上の例で言うと、マンガアプリをスマホから削除してしまい物理的に見れなくしてしまう、ことが重要です。

マンガを読みたいな、と思ってもアプリが無いのですぐに読めない。

この「すぐに読めない」という点がポイント。

習慣になってしまうことはすぐに手に届くこと、ものが多いと思いますが、あえて障害を作ることで悪習慣を断ち切りやすくすることが大切。

空いた時間を有効活用する

空いた時間に何をするか?これが重要。

特に本書では早起きなどで朝に時間を作り、複雑な作業をすることを推奨しています。

朝はなるべく重要な仕事やクリエイティブな仕事をやること。

「やりたい」もしくは「やらないといけない」と思っていたけど手つかずになっていたことがベスト。

請求書の作成やメールの返信など、疲れている時でもできるルーティンワークはNG。

一番頭が冴えている時間に、緊急ではなく重要なことをやることが大事ですね。

情報発信は全人類にマストなこと

情報発信は全人類がやるべきこと。

本書に書かれていた内容ですが、まさにその通りだと思っています。

情報発信することにより得られるメリットとして、

1.自分の考え方に共感する人たちが集まる

2.より自分に情報が集まるようになる

3.仕事につながることがある

4.「受け取る側」から抜け出せる

1.自分の考え方に共感する人たちが集まる

情報を発信していると、自分と価値観に近い人が集まるとのこと。

年齢を重ねれば重ねるほど、友人や気の合う人とめぐり合う機会は少なくなってきます。

情報発信することでずっと付き合うことができる人と出会うことができれば幸せですよね。

2.より自分に情報が集まるようになる

情報発信(=GIVE)をすることでお返し(=TAKE)が発生する。

情報発信をすることでその発信した情報に対し「ありがたい!」と感じた人が「お返ししたい!」と考えてくれる。

そのお返ししたい、という考えが情報発信者に新たな情報をもたらしてくれるということですね。

私はまだ実感できてはいないですが、いつか実感するときが来ると信じています。

3.仕事につながることがある

情報発信していると仕事につながるチャンスがある。

これは魅力的ですね。

特に「特定の分野」に絞って発信している人には多くのチャンスがあるとのこと。

宣伝したい会社にとって、「特定の分野にフォロワーがたくさんいる人」は最高にありがたい存在となるようです。

4.「受け取る側」から抜け出せる

成功するのは「与えることができる人」

ヒトデさんの経験上、「受け取り続けて成功した人」はいないようです。

確かに成功した人というのは、何か人の役に立つサービスなどを作り出し与えることができる人、というイメージがあります。

時間をかけ苦労をしながら、少しでも情報発信していくことが大切だと考えさせられました。

凡人は地道に積み上げるしかない

圧倒的な実績の無い人は小さな実績を積み上げていくしかない

この言葉は非常に重く胸にひびきました。

圧倒的な実績を持っている人は限りなく少数だと思います。

凡人が「実績のある人」になるためには、小さな実績をコツコツと積み上げるしかない

ただただ積み上げるだけ。

小さな実績を積み上げることが私のような凡人にできることなんだと実感させてくれました。

この「凡人くんの人生革命」には上記した内容以外にも、ヒトデさんが

・サラリーマンを辞めるまでの話

・日頃考えていること

といった内容も書かれており参考になります。

何か新しいことを始めたいけど、何から始めていいか漠然としている人、には必ずプラスになる一冊です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名古屋在住の30代サラリーマン。日々の暮らしに少しプラスとなる情報を発信しています。ビジネスで活用できるグッズや休日の趣味関連情報など。特にアウトドア関連アイテムに興味があり、週末は主にアウトドアショップ巡りをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる