こだわりを感じさせるラミー2000 4色ボールペンの魅力 

会社で使うボールペンは販促品のものじゃなく、こだわったものを使いたい!

有名なブランドのボールペンは高額だしなぁ・・・。


このように思ったことはありませんか?

今回はデザインが良く、書きやすいおすすめの4色ボールペンをご紹介します。

本記事の内容

・4色ボールペン「ラミー2000(LAMY2000 L401)」の外観、使い心地を紹介します。

・購入に至ったきっかけと3年ほど使用してみての感想をお伝えします。

目次

ラミー2000の購入に至った理由

ラミー2000 4色ボールペンのおすすめポイントは、

・書き心地が良い(替え芯もジェットストリームのものが使えます)

・デザインが良い

・ネットで購入すると比較的おてごろに買える(約5~6,000円)

替え芯を紹介


ラミー2000
書き心地の良さはもちろん、優れたデザインはビジネス用途で使えば周囲からも「お、良いペンを使っているな」と感じてもらえることは間違いありません。



デザインが良く、価格も手頃で所有欲を満たすボールペンはなかなか見つけられず、数か月探し回っていました。そのような中でラミー2000を発見し購入に至った流れを書いていきます。

お気に入りのペンを持ちたかった

会社に入社してから10年間は筆記具にほとんど興味が無く、いつも使っていたのは展示会で無料でもらえる販促品のボールペンばかり

販促品のペンのため壊れやすく、インクが無くなった時に次の新しいペンに交換していました。



替え芯を買ったこともなく、使い捨てのような感覚でペンを次から次へと使っており、ふと

これってもったいないなあ・・・

と思うように。



それをきっかけに良いペンはないかと色々と物色するようになりました。

書店での試し書きは重要

それから良いペンはないかとネットや書店で下記を条件に探していました。

・最低でも黒、赤、青の3色があること

・デザインが良いこと

・手帳にセットできる細さのペン(太すぎるとセットNG)

ビジネス用途で使うことを考えており、多色ボールペンであることは必須でした。


また、客先でも使用することを想定し、それなりに良く見えるもの。愛用の手帳のホルダーに納まること。

・ドクターグリップは書きやすそうだけど、太いので手帳に入らなさそう。

・クリップオンマルチはデザイン的にちょっと満足できない。



まずはネットで候補を探し、気になるペンがあれば書店に行き、実際に実物を触り書き心地を確かめていました。

見た目もネットとはかなり違っていたり(特に高級感の有無)、書き心地も確かめられるため、可能な限り書店での試し書きをオススメします。


数十種類のペンを試し最終的に購入したのが「ラミー2000」です!


購入の一番のきっかけは何と言ってもデザインの良さでした。

3年間使ってみて、やはり買いで正解でした

会社では毎日使用しており購入から3年経ちますが、不具合は一度も起きておりません。



何度かインクが切れ、インク交換したくらいです。

デザインもシンプルでカッコよく、3年経った今もまったく飽きず使えています。



たまに周りの人からも、「こだわってるね!」といった声もかけられ、こっそりほくそ笑んでます。


こだわりの一品を持ちたい方にオススメ

私はラミー2000を購入したことにまったく後悔しておらず、満足感でいっぱいです。



ただ、あらためて落ち着いて考えてみると、実用性だけを考えると販促品のボールペンでも問題ないな・・・、と思ったりもします。


ここは人の価値観なんでしょうね。



人と違ったこだわりの一品を持ちたい方に、ラミー2000」は本当にオススメです!

この記事を書いた人

休日に子供と遊ぶのが好きな名古屋在住のサラリーマン。仕事、プライベートに役立ててもらえる情報を発信していきます。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる