モンベルのトレッキングアンブレラはビジネスにも最適!軽くて頑丈な折りたたみ傘

いきなりの雨対策に折りたたみ傘を持ち歩いているビジネスマンの方は多いと思います。


ですが、折りたたみ傘は重いしかさばるしで、ついつい家に置いてしまっていませんか?

今まで折りたたみ傘をいくつか購入してきましたが、通勤カバンにずっと入れていても苦にならない最高の折りたたみ傘に出会えたのでご紹介します。

軽くてコンパクト、そして丈夫ですよ!

目次

モンベル トレッキングアンブレラとは

モンベル トレッキングアンブレラの一押しポイントは、

・軽い

・コンパクト

・丈夫

です。

毎日通勤カバンに入れて持ち運びできて、長い間使いたい!

こんな折りたたみ傘を探している方にはピッタリのアイテムです。

モンベルは主にアウトドア商品を製造・販売する会社ですが、私はモンベルが傘を製造していることを知りませんでした。

商品情報

55cmのカーボン骨を8本使用しており、軽量性と高い強度を兼ね備えます。ビジネスや普段使いに最適な折りたたみ傘です。

仕様

【商品名】mont-bellトレッキングアンブレラ
【素材】20デニール・ポリエステル・リップストップ[ポルカテックス®加工]
【本体重量】150g
【カラー】ブルーブラック(BLBK)
【直径(使用時)】98cm
【骨長】55cm
【骨本数】8
【傘袋収納寸】27cm

mont-bellのロゴマーク

非常に軽い(150g)

実際に持ってみると傘とは思えないほどの軽さで、バッグに入れてもほとんど重さを感じません。

軽いというのは折りたたみ傘を使う上で、最大のメリット

会社に行く前、今日の天気予報を見ると曇りになっていて、傘を持っていくかどうかを迷ったことはありませんか?

折りたたみ傘を持っていくとカバンが重くなるし、今日は雨降らないだろう!

と勝手に思い込んで会社に向かい、途中で雨が降ってくる。

恥ずかしながらそんな経験を何度もしてきました。

このトレッキングアンブレラに出会ってからは雨が降りそうな時はとりあえず持っていこう、と気軽に傘を持ち歩くように

ただ、あまりにも重さを感じないので、ずっとカバンに入れっぱなしになってしまうことも。。

コンパクトに折りたためる

注目したいのはコンパクトな収納サイズ。傘袋へ収納時の長さは27cm

500mlのペットボトルが高さ21cmくらいですので、少し大きい程度です。

ただ、少し折りたたみにくいことが難点かもしれません。

慣れれば全く問題ないですが、折りたたむ際に一度逆に折りたたむイメージです。

荷物が多いときや、ショルダーバックひとつで移動したいときなど、どうしてもかさばってしまう折りたたみ傘は家に置いておきがち。

コンパクトなトレッキングアンブレラなら、外出時にも持って行きやすいですよ!

丈夫な造り

骨がカーボン製のため丈夫です。

よくホームセンターなどで売っている安い傘は骨が鉄のものがほとんど。骨が鉄の傘は雨に濡れたまま乾かさないでおくと骨が錆びてしまいます

骨が錆びた傘を何度も開閉したり風が強い日に使うと、、、折れます。

骨がカーボンの傘は雨に濡れたままでも錆びず、弾力性もあり丈夫。

カーボンは航空機にも使われるような素材なのでとても丈夫!

生地は破れてしまわないかと思うくらいの薄さ。

ただ、調べてみると同社のダウンジャケットにも使用されている生地が使われており、とても丈夫とのこと。安心ですね。

撥水性が高い

生地の表面にはポルカテックスというモンベル独自の撥水加工が施されており、雨だけでなく汚れも付きにくくなっています。

通常の耐久撥水をはるかに凌ぐ撥水性能を実現した、世界最高レベルの撥水加工です。小雨程度なら難なくはじいて繊維の保水を防ぐだけでなく、撥油性にも優れるため、汚れも付きにくくなっています。また、加工剤の剥離を防ぐ独自の技術により、従来の撥水剤の欠点であった摩耗や洗濯による撥水機能の低下を大幅に改善しています。

【注意】「撥水性」は、生地の裏側に水を通過させない「防水性」とは全く異なる性質で、水圧には弱く、小雨でも長時間降り続く場合などには生地内に水を浸透させてしまいます。撥水処理しか行っていないウェアはレインウェアとしての使用はできませんのでご了承ください。

引用:mont-bell公式オンラインより

雨が降った後、傘を見ると小さな雨粒は確認できますが、バッと開け閉めすると雨粒が吹き飛びます。

電車に乗る時や、建物の中に入る時にバサッと一振りすると傘の水分が飛び、すぐにカバンに入れられます。

モンベル店舗で修理可能

全てのパーツを交換可能で、万一壊れてしまってもモンベルの店舗で修理できます。

壊れても安心できるのがモンベルのアフターサービス。 

破損の状態によりますが、持ち手の芯の部分や骨、生地を1000円程度で修理可能。

詳しくは下記です。

・骨交換(1本)…¥650

・中棒交換…¥900

・カバー(生地)交換…¥1,450

今までの傘は骨が折れたら捨てていましたが、トレッキングアンブレラは本体価格もそれなりにしますので、壊れた場合はまず修理を検討しようと思っています。

ビニール傘を何本も買うよりお得

雨の度にビニール傘を買って家に何本も溜まってしまっているようであれば、このトレッキングアンブレラはオススメです。

邪魔になるからとついつい家に置いていってしまいがちですが、モンベルの折りたたみ傘であれば、悩む必要もなく気軽に持ち歩けます。

持ってくればよかったと後悔する前にぜひ一度購入を検討してみてください。

この記事を書いた人

休日に子供と遊ぶのが好きな名古屋在住のサラリーマン。仕事、プライベートに役立ててもらえる情報を発信していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる