【英語の重要性】英語を勉強すると何ができるようになるのか?

英語苦手だけど、得意になると何がいいことあるんだろう?

仕事やプライベートで英語を使う機会も無いし勉強しなくていいや!


このような考え方をしていませんか?

実際、私もそう思っていた一人でした。

そんな中、国内外のマーケティング部門に異動になり、外国人から電話がかかってくることもある環境に。

嫌でも英語を勉強しなければならなくなり、会社主催の英会話教室に参加、勉強用のCDを購入と英語の勉強をスタート。

結果、少しずつではありますが英語に慣れてきて英語に対する見方が変わってきましたので、自分の世界がどのように広がってきたか、を参考までにご紹介します。

本記事の内容

・英語を勉強すると何ができるようになるか
(今後の私の目標も含めて書きます)

目次

外国人の方と通訳を挟まず会話できるようになる

通訳を通すと自分の感情、特に言いたいことが伝わりづらくなります。

例えば、

「今回の件は申し上げづらいのですが、〇〇ということです。」

という会話内容が通訳を通すと、

「〇〇ということです。」

の部分しか伝わらず、意図しない形で結論だけが伝わったりします。

その結果、相手が少しムッとした表情になった経験も

自分で伝えよう!と思って頑張って英語で伝えようとしても全く伝わらなかったり。

本当に自分が伝えたいように伝えるためには自分が英語を使えること(喋れること)が必要だなあと思い知らされました。

✔ 実現に必要なこと

・自分が伝えたいことを英語で表現できるようにする

会社で海外赴任のチャンスが得られる

私の会社ではTOEIC600点が達成目標となっており、

TOEIC600点を超えると、海外赴任するチャンスが出てきます。

海外赴任を経験すると、

・昇進のチャンス

・海外赴任中の給料アップ

・海外文化を学べる

など、いろいろなプラス面があります。

海外赴任を終えて日本に戻ってきた方はもれなくほぼ出世しており、海外赴任は昇進の一つの条件にまでなってきているように思います。

あと、海外赴任中は給料がアップします。

日本国内で働いていたときに比べ、海外赴任手当が出るためです。

また、海外赴任は海外の文化が学べる良い機会です。子供がいる方は環境が許すのであればぜひ海外生活を経験させてあげるとよいのではないでしょうか。

✔ 実現に必要なこと

・TOEICで高得点をとる(最低でも600点以上)

海外旅行(英語圏)に気軽に行ける

海外旅行先で困ったことがあっても、英語が話せれば何とかなります(なると思ってます)。

ホテルのカウンターでおすすめの飲食店を教えてもらったり、タクシーの運転手にここまで行ってほしいと伝えたり。

もっと英語が得意になれば、同じ旅行者の人と英語で会話したり、と夢は広がります!

✔ 実現に必要なこと

・英語でコミュニケーションをとれるようにする(話す、聞く)

海外のネットやニュースで情報が取りやすくなる

仕事…競合する海外メーカの製品情報を入手しやすくなる。

・プライベート…海外旅行先の店舗情報を覗きにいけたり、海外通販でモノを買えたりする。

会社の業務で海外競合他社の情報をまとめなければならないことがありますが、海外のホームページはほとんど英語で書いています。

Google翻訳でページを訳しても変な日本語になり、意味が掴みづらかったり。

英語を不自由なく読める、という力があればこんなに困ることもないんだろうなあ、と感じます。

✔ 実現に必要なこと

・日本語までとはいかずとも英文を不自由なく読めるようにする

まとめ

英語が必要な部署へ異動し社会人になって初めて英語を勉強し始めましたが、勉強を始める前と比べて英語が上達すると実現できること、が明確になってきました。

英語が使える、というレベルにはまだほど遠いですが、勉強を続け一歩一歩上達していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名古屋在住の30代サラリーマン。日々の暮らしに少しプラスとなる情報を発信しています。ビジネスで活用できるグッズや休日の趣味関連情報など。特にアウトドア関連アイテムに興味があり、週末は主にアウトドアショップ巡りをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる